甲子園口駅前の田中歯科クリニック。一般歯科、小児歯科からインプラント治療まで

24時間WEB予約 お問い合わせ

小児歯科Pedodontics

お子様と通いやすい
歯科医院です Pedodontics

当院では小児歯科の目的を、「美しい健康な歯を育むこと」と考えています。
「虫歯になったらどうしよう」「この子の歯並びは大丈夫だろうか」「指しゃぶりをずっとしているけどこのままでいいのか」など、保護者の方にとってはわからないことも多く、心配していらっしゃる方も多いのではないかと思います。
特に、初めてのお子様の場合や、自分自身が虫歯で苦労された保護者の方は、お子様の歯について漠然とした不安を抱えておられると思います。
当院は極力段差の少ないバリアフリーのクリニックで、診療室も個室なので周囲の目を気にせず治療や説明を受けていただくことができます。
どんな些細なことでも構いませんので、いつでもお気軽にご相談ください。

健康な歯を育むためのポイント

いい歯科医院デビューをすること

初めて歯科医院に来られるお子様は、きょとんとした子もいれば、大声で泣きながら診療室に入る子、にこにこしている子など様々です。
当院ではいい歯科医院デビューができるように、ご家族の協力のもとサポートいたします。逆にデビューを失敗すると、お子様ご本人もさることながら、保護者の方の苦労が増大します。なるべくいい歯医者デビューをできるよう、保護者様のご協力をいただきながら、細心の注意を払いつつ、スタッフ一同しっかりと対応してまいりますので、安心してご来院ください。

CHILDREN 小さいお子様の
ご予約について(3歳までのお子様)

私たちは保護者の方と同じように、お子さんに少しでも嫌な思いをさせずに通院してもらいたいと考えています。
そこで、診療がスムーズに進むように、保護者の方にもご協力をお願いしています。

  1. RULE
    軽く朝食を摂り、
    比較的眠気の少ない
    午前中に予約をお取りください

    お腹いっぱいの状態でご来院されると、激しく泣いてしまった場合、嘔吐する可能性が高くなります。また、眠気のある午後の時間帯はお子様の機嫌が悪くなることが多いため、おすすめできません。

  2. RULE
    なるべくゆったりめの服装で
    お越しください

    慣れない場所で、窮屈な服装だと、横になるだけでも苦しくなってしまいます。また、うがいなどで、よだれがついてしまうことも考えられるので、汚れてもいい服装でお越しください。

  3. RULE
    来院前は、なるべく
    何をするのかを
    言わないでください

    保護者様のご経験や、こんなことをします、といった前情報が多ければ多いほど、お子様の不安が大きくなります。
    もし、何をするのかを聞かれたら「歯医者さんじゃないから、わからないな~」と普段通りに明るく振舞ってください。

  4. RULE
    来院前に「痛い」あるいは
    「痛くないよ」は
    言わないように
    してください

    「痛い」も「痛くない」もお子様にとっては痛みを連想する言葉です。なるべく使わないでください。

  5. RULE
    診療後は上手にできても、
    できなくても、
    なるべく褒めて
    あげてください

    上手にできなくて保護者様に怒られてしまうと、歯医者=怒られるとなってしまい、歯科医院に気持ち良く通院できなくなってしまいます。もし、ぐずぐずすることがあっても「また診てもらおうね」とだけ言ってあげてください。
    じっくり来院してもらうことができれば、成長とともに徐々にいろいろなことができるようになってくる場合がほとんどです。

虫歯になりにくい間食方法を知る

甘いものを食べずに、仕上げ磨きをしっかりしていれば、虫歯にはなりにくいと考えられます。しかし、甘いものが日常に溢れている状況で、お子様にだけ食べさせないというのは無理がありますし、常にダメだとも言えないと思います。当院では、甘いものをある程度食べながらもなるべく虫歯になりにくくなる方法を個別にアドバイスしています。

フッ素で歯を強化する

乳歯は虫歯になってしまうと進行がとても速く、生えたばかりの永久歯もまた虫歯になりやすい状態です。歯と歯の間や、歯の溝の部分は、歯ブラシの毛先が届きにくい部位です。そのため、なおさら虫歯になりやすい箇所と言えます。まずは、幼い頃からフッ素入りの歯磨き粉の使用を心がけること、永久歯が生えてくる時期に応じて、必要があればシーラントを行うなど、適切なフッ素の使用と予防処置が必要です。

フッ素塗布

普段のフッ素入り歯磨き粉に加えて、歯科医院で高濃度のフッ素を歯に塗ることで、歯質の強化をより効率良く行うことができます。歯科医院でフッ素塗布に使用しているフッ素剤は、通常販売されている歯磨き粉よりもフッ素の濃度が高いため、より多くのフッ素を歯に取り込ませることができます

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛む面の複雑で細かい溝をあらかじめ埋めておく処置です。乳臼歯や6歳臼歯などには、無数の溝があり、これを全て歯磨きで磨き上げるのはとても大変です。そこで、専用の素材で歯の溝を埋めておくことで、汚れが溝に溜まるのを防ぎ、虫歯を予防することができます。またこの素材は、物理的に汚れを排除するだけでなく、徐々にフッ素を放出する性質(フッ素徐放性)があるため、化学的にも虫歯を予防することができます。

定期検診を受ける

虫歯はある日突然できるわけではありません。虫歯ができる前には必ず兆候があります。それを見逃さずに早期発見するのが定期検診の目的です。定期検診の間隔は、お子様ごとに個人個人で決めていきます。虫歯のなりやすさや、家庭環境の変化(兄弟が産まれて赤ちゃん返りし、甘いものが増えたなど)を考慮し、保護者の方と相談の上決定していきます。

唾液検査

定期検診では、ご希望により唾液検査を受けることもできます。唾液検査は、患者様の唾液を採取し、専用の機械で検査するもので、お口の中の菌の割合を知ることができます。お口の中の菌はその多くが日和見菌と呼ばれる良くも悪くもない細菌ですが、歯周病菌、虫歯菌などの悪い菌がどのくらいの割合でいるのかを知ることによって、お口の中の虫歯などのリスクを知ることができます。

お子様に安心して治療を受けて
いただくための取り組み

個室で安心の診療室

当院の診療室は完全個室です。スペースも広く取ってあるため、保護者の方と一緒にご入室いただくことができます。周りの目も気になりませんし、隣の席のお子様に触発されて大泣き、という事態も避けることができます。

音の静かなモーターを
使用しています

歯を削るのに使う機械のキーンという独特の音は、大人でも不快なものです。お子様は音に敏感な場合が多くあります。当院では、少しでも快適に治療を受けていただくために、機械の音が小さなものを使用し、落ち着いて治療を受けていただけるように工夫しています。