コインパーキングのご案内

〒663-8113
西宮市甲子園口2-3-3 パルメーラ甲子園口1F

TEL:0798-31-1518

甲子園口駅前の田中歯科クリニックです。一般歯科、小児歯科からインプラント治療まで

インプラント

ネット予約

お電話でもご予約できます。0798-31-1518にお電話ください。

歯科衛生士募集
HOME»  インプラント

インプラント治療

インプラント治療は失われた歯を人工の歯根(チタン)で回復する方法です。
従来のブリッジや取り外し式の入れ歯と比較して、健全な歯を削る必要がなく違和感もほとんどありません。
当院では、歯周病に対して十分な配慮を行ったインプラント治療をこころがけています。
全ての症例に対して、CTによる術前検査を十分に行い、安心、安全な施術を行います。

Case1.

サイナスリフトを行い、インプラント手術を行いました。
通常、インプラントを埋入する際、歯槽骨が7㎜以上必要ですが、こちらのケースでは5㎜しかありません。
そこで、歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部へ移植骨を填入し、インプラントを埋入しております。

歯周病認定医によるインプラント治療

歯周病とインプラント。一見関係が無さそうに思えますが実は非常に密接な関係があります。現在、日本において歯を失う一番の原因は、歯周病により歯が抜け落ちてしまう事です。インプラント治療により歯を取り戻しても、歯周病により再び歯を失ってしまっては意味がありません。
また、インプラント以外に残る歯への負担などを考えて設計した咬み合わせが歯周病治療には欠かせません。バランスの悪い咬み合わせは歯周病が進行する大きな原因となります。
歯周病で弱った歯を長持ちさせるのに失った部分にインプラント治療をすることはとても重要です。(義歯・ブリッジは失った部分を他の歯が負担していますが、インプラントは他の歯への負担がありません。)つまり、インプラントを行うには、 歯周病の専門的知識が必要不可欠であり、高度なインプラント治療の技術と知識を持った、歯周病認定医である歯科医にインプラント治療を受ける事が、良い結果を生み出す為の選択であると言えます。アメリカでは歯周病専門医がインプラント治療を行うのが一般的であることは、このような背景があるからです。

充実した環境でハイクオリティーなインプラント治療のために

インプラント治療は通常の歯を削る歯科治療とは違い、外科的処置(手術)が必要な治療です。その為、専門性の高い技術を必要とし、また、非常に精密に治療を行わなければならない為、万全の体制で治療に臨まなければなりません。
当クリニックでは、衛生面、機能面ともに、万全の体制で治療に臨めるよう、完全個室のオペ室を完備しております。治療に当たって必要な機器を機能的に配備することにより、スムーズで精密な治療が可能となり、徹底した衛生管理の下に治療を行うことが可能です。

インプラントの構造

インプラントの構造は右図のように、上部構造・アバットメント・インプラント体(人工歯根)の大きく3つの部位に分けられます。
歯を失った骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に歯を立ち上げます。 歯の欠損が与える影響は、機能・審美・そして精神的にも大きなダメージです。 インプラントは、歯の欠損における有効な治療法なのです。

皆様にとっての最良の治療を行うには、深くお話させて頂くことが欠かせないことだと考えます。田中歯科クリニックの基本的な治療の流れをご紹介いたします。

インプラント治療の流れ

Step1 歯周基本治療、カウンセリング

まずは基本検査のデータをもとに、さまざまな治療の方法について説明をさせて頂きます。
また患者様のご要望をしっかりとお聞きして、患者様一人一人に最適な治療法をご提案させていただきます。

 
Step2 CT撮影

当院でインプラント治療行う患者さまにCT撮影をお願いすることがあります。 患者様のご都合の良い日時をお聞きした上で、CT撮影を委託しているクリニックに撮影の予約を行います。

 
Step3 プランニング・シミュレーション

プランニング

基本検査の結果やレントゲン写真、CT画像により、どの部分にどのようなインプラント治療が必要かを診断し、治療の計画を立てます。
インプラントが必要な部位以外の治療も必要な場合はお口全体での治療計画を立て、治療の進め方、費用等についての説明をします。

シミュレーション

従来、歯ぐきを外科的に切開してからでないと見えなかった顎の骨の詳細な状況を、手術前にコンピュータで分析し様々な角度からリアルに再現することで、正確な術前シミュレーションができるようになりました。
  • 単独歯欠損の場合
  • 複数歯欠損の場合
  • 無歯顎の(すべての歯を失った)場合
田中歯科クリニックでは上記のように、考えられる様々な状況やご要望に合わせた治療シミレーションが可能になりました。最新医療テクノロジーを用いた3次元分析により、歯ぐき内部や骨状態の詳細(骨量や骨密度)までを完全に把握することで、今まで以上に患者様にとって安全で確実なインプラント治療を行なうことができます。 また患者様もご自身の顎の状態を、コンピューターの画像でご覧いただけますので、治療計画を大変容易にご理解できます。
 
Step4 インプラント埋入手術
インプラントの人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込みます。
手術方法は、一回法と二回法の二種類があります。 どちらを選択するかはお口の中の状態によってより良い方法を選択することになります。
一般的には二回法が主流となっています。
 
Step5 治癒期間
埋入したインプラントが骨と結合、定着するまでは安静期間が必要です。骨の状態や治療部位によって異なりますが、1ヶ月半から6ヶ月ほど待つことになります。
なお、この期間中は仮歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません。
 
Step6 アパットメントの装着
埋入したインプラントが骨と結合し定着したら再び歯ぐきを切開して、人口の歯(=上部構造)の支台となるインプラントの部分(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
 
Step7 上部構造の装着
二回法の場合は、Step6のように簡単な外科手術で歯肉を切開して、アバットメントを連結し歯の土台を作ってから上部構造を制作し、装着します。
一回法の場合は、 骨との結合が確認され次第、上部構造の制作を開始します。
 
Step8 メインテナンス
インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が必要です。
田中歯科クリニックでは三ヶ月に一回のペースでメインテナンスを行うことをお奨めしております。 インプラントの部分だけではなく、他の歯についても専門的な予防処置と検査を行い、お口全体の健康状態を維持できるようにサポートいたします。
PAGE TOP